今日、アメフト悪質反則問題で、
「加害者」となっている日大選手が、名前も顔も公表して、記者会見を行った。

彼は、被害にあった関学大選手から見れば、確かに「加害者」だが、
一方で「被害者」でもあることは、多くの人が賛同するところだろう。

日大アメフト部悪質反則問題。加害者生徒の記者会見を見て。

教育、指導という名のもとに。

体育会系教師、運動部顧問、少年団のコーチなどが、

・パワハラ
・体罰
・根性論

を振りかざしている事例は、枚挙にいとまがない。

カウンセリングをしていても、
それら被害にあった体験談を、どれだけ聴いてきたことか。

児童生徒だけじゃない。
保護者にさえ、そのパワハラ被害が及んでいるケースがある。

そして、そのトラウマ体験が、
その人の生きる力に、どれだけ 深い影響を与えていることか。
人格形成、対人恐怖、神経状態の過敏化・・・

恐怖で支配し、思考停止させ、意のままに操る。服従させる。

そんなの教育じゃない。

なのに、周りの関係者(上司にあたる者ですら)は、
違和感を感じつつ、怖くて、物申せない。
結果は出しているから、などと言って、放置している。
内情を知らない、表面や結果しか見ない人たちは、称賛さえしている。

 

今回の出来事をきっかけに、
日本全国、決して珍しいことではない、
この、パワハラ指導や 体育会系・非教育指導に、大きなメスが入ってほしい。

貴重な問題提起をしてくれた、この日大生徒の勇気には、心から尊敬の念をおぼえる。
そしてこの後、彼には、十分なケアや サポートがされますように。