自律訓練法では解決できないこと

自分でできる、おすすめのメンタルケア法として、 私は「自律訓練法」を紹介することがあります。
(ちなみに「自律訓練法」は、世界の精神医学界でも、最も有名なメンタルケア法、リラクゼーション法です。)

私自身、自律訓練法を使って、緊張やストレスの場面で気持ちを落ちつけたり、切り替えたりすることがよくあります。
ただし、 自律訓練法をどんなに正しく行っていても、思うような効果が得られない場合もあります。
それは・・・

【1】具体的な、大きな問題を抱えている時です。

例えば、不安や緊張、プレッシャーが、ある具体的な理由から来ている場合。 仕事の場で、重要なプレゼンをする機会が迫っているとか、苦手なお姑さんの所に、泊まりに行かなくてはいけないとか。お友達に、物申さなくてはいけない状態とか。
そういう時は、その問題と対決するしかない。

 

その問題から逃げずに、自分に出来る限りのことをやって、「あとは当たって砕けろ!」くらいの所まで行く。そして、「それ自体」とぶつかる。 乗り越える。

そうした時初めて、それまで抱えていた、自分のプレッシャーなりストレスのようなものから、解放されるんですよね。

そうした対決もしないで、現実や問題から ただ逃げていて、小手先のメンタルケアでラクになろうと思ったって、やっぱりこれは難しいです。根本の問題がそのままなんですから。
実は、私も最近、ある人間関係のことや、なかなか上手くまとめられない講座の準備のことなどで、ものすごくプレッシャーと不安感を抱いていたことがありました。 そんな時、「こんな時こそ、自分がオススメしている自律訓練法で乗りきろう!」なんて思ったのですが・・・。

自律訓練法を行って、一時的なリラックスやストレス軽減は図ることができました。でもそれは、あくまで一時的、一時(いっとき)のものでした。期限が迫っているなどで、その具体的な不安感が強すぎる時は、望むだけの効果すら、感じられなかったり。

だけど、その具体的な問題と、悩んで悩んで、試行錯誤して、とにかくぶつかった時・・・。 正面から対決できた時・・・。それまで抱えていた、不安感やストレス感から、自分でも驚くくらい、解放されている私がいたんですよね。
だから、その時 思ったんです。

そうか。

こういう時は、その具体的な問題と対決しなくては、乗り越えなくては、このストレスからは 解放されないんだなと。自律訓練法は、あくまで一時的な解熱剤みたいなものなんだと。(でも、一時的な解熱剤も、時には 大事なんですけどね。問題に対決する前に、それで、少しはクールダウンしたり、冷静になれたり、落ち着いたりできる訳ですから。そうした上で、実際の問題と対決するなら、とても賢い方法だと思います。)

 

あともう1つ。
【2】不可抗力の問題にぶつかった時。

 

自分は やれるだけのことをやった。あるいは、自分には全く非がない。こればかりは、自分の方でどうにかできる問題ではない。 ただただ現実を受けとめるしかないという時。 例えて言うなら、「望まなかった異動」とか、「親しい人やペットを亡くした」とか、そういう場面でしょうか。
これについては

「時間」が解決してくれるのを、待つしかないと思います。
受け入れがたい現実を 受け入れなくてはいけない時。
それを理解し、飲みこみ、消化するのには、どうしても時間が必要です。
自律訓練法とか、一時的なストレス解消をやっても、やらないよりはましと思いますが、やはり、気をまぎらす程度にしかならないでしょう。

 

こんな時、意外と効果を発揮するのが 「睡眠」です。
睡眠って、専門家も口を揃えて言っていますが、メンタルヘルスを考える時、本当に無視できない、重要なものだと実感します。 何か悩んでいる時、脳も、ものすごく消耗します。疲れます。これを、睡眠という形で休ませてあげる。回復させてあげるのは、ものすごく大切なんですね。
それから、 「夢」のパワーも侮れないです。

夢って、無意識に抑えていた感情とか、ゴチャゴチャしていて、脳や心が、まだ整理できていないモノたちについて、整理したり、消化促進してくれたり するんですよね。
ユング心理学などを勉強していても、夢の意義は感じるところですが、それより何より、自分自身の体験を通して、夢って侮れないな、無意識を現してくれているな、消化促進してくれているなと、実感してしまいます。
ですから、不可抗力の問題にぶつかってしまった時は、時間が癒してくれたり、解決してくれたりするのを、待つしかないですね。 その時、睡眠を 質、量とも上手に確保するのは、より効果的でいいことと思います。

 

以上、自律訓練法では解決できないことについて、最近感じたことを書いてみました。

何事もそうですが、万能なクスリとか、万能な方法っていうのは、やはりないですよね。

それでも私は、「自律訓練法」のようなセルフケア方法を持つことを、皆さんにオススメしたいです。他人の手を借りずに、自分で何とかできる方法を持つこと。ストレスや疲れを溜め込みすぎず、適度に発散、回復させる習慣を持っていること。 それって、やはり重要だと思うからです。
「できることをコツコツ」の姿勢を、私自身、身につけていきたいと思っています。

(とりあえずは、”自律訓練法”と”Wii Fit”ですね、私は。 (^^;) )

記事投稿日 2009年10月13日

関連する記事

  1. 情報との接し方

    素直でまじめな人ほど必見! 情報との接し方・その2

  2. その他メンタルに役立つ情報

    思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

  3. その他メンタルに役立つ情報

    意識して、セルフケアの時間を。

  4. やっぱり、それでいい。水島広子、細川貂々

    ラクになれる、穏やかになれる、人の話の聴き方

  5. AC,トラウマ、アダルトチルドレン

    運動部のパワハラ指導、体罰、根性論

  6. お金がなくて相談できないという人へ

    死にたい。でもお金がなくて相談できない。 …という方へ。

PAGE TOP
error: Content is protected !!