子育て中の自分を責めているお母さんへ

子どものためにまずは自分を。

子育て世代、お母さんたちのサポートをずっと行ってきました

メンタルサポート アイバランスは、2006年から2013年まで「IKUJIバランス」という名前で、主に子育て中のお母さんを対象に、カウンセリングや メンタルヘルスセミナーを提供してきました。

「子どものために、まずは親。」

確かにその通りですが、私はこの言葉を、親や家庭を「責める」言葉として使いたくありません。
ほとんど全てのお母さんが、「良いお母さんになりたい。良い子育てをしたい。」と願っています。そして、頭ではそう思っているのに、それができないから辛いのです。

そんな悩んでいるお母さんたちに必要なことは、理想や正論で責めることではありません。まずは、お母さん自身のココロを、カラダを、安定させてあげることです。

お母さんたちから、よく受けるご相談

  • 感情的になってしまう。イライラを、夫や子どもにぶつけてしまう。
  • 自分はダメな母親だと思う。こんな親で子どもがかわいそう。
  • 育児書のようにできない。子どものありのままを愛するべきなのに。
  • 幼稚園や小学校のママ友達とうまくやれない。
  • 姑や親せき、近所の人たちとうまくやれない。
  • 夫が忙しくて、話を聴いてくれない。いつもケンカしてしまう。
  • NOと言えない。ガマンしてしまう。時々、溜めすぎてキレる時があり、その後とても後悔する。
  • 自分の親のような子育てはしたくない。 (なのに同じようなことをしてしまう。)

アイバランスがお約束、お手伝いできること

アイバランスがまずお約束することは、上のように悩んでいるお母さんたちを、決して責めません。 お説教しません。ということです。

お母さんたちが「頭では分かっているのに出来ない」のには、必ず原因があります。
アイバランスは、何よりもじっくりとお話を聴かせて頂き、どこに原因があるのか、 どうすればいいのかを、一緒に整理し、考えていきます。そして、アタマだけでは解決しなかった問題について、カラダやココロにアプローチする専門スキルを使って、解決、回復を目指していきます。

子どものために、誰かのために、一番大切なことは、「自分自身」が癒やされることです。自分自身が元気になり、余裕ができ、優しくなれることです。

そこを目指して、アイバランスは 全力でサポートいたします。

アイバランスのカウンセリングメニューや料金はこちら
お母さんを応援するカウンセリングルーム・アイバランス

関連する記事

  1. もえつきの処方箋

    ワンオペ育児&仕事状態から抜け出せる、イチオシ書籍。

  2. イライラ・感情のコントロール

    あさイチの「イライラ特集」、私なりのまとめ

  3. 上野千鶴子 サヨナラ、学校化社会

    学校、偏差値という価値観から、自由になりたい人に。

  4. お母さんのカウンセリング

    あさイチで、「母が重たい…。」

  5. お母さんのカウンセリング

    子育てママにおすすめしたい本&サイト

最近のコラム記事 おすすめ記事
  1. サムさんの本要約チャンネルの紹介
  2. 本気でトラウマを解消したいあなたへ
  3. ゲシュタルトセラピー
  4. 情報との接し方
  5. 情報との接し方
  1. サムさんの本要約チャンネルの紹介
  2. ゲシュタルトセラピー
  3. お母さんのカウンセリング
  4. 従業員のカウンセリング
  5. ゲシュタルトセラピー

予約カレンダー

2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
×
27
×
28
29
×
30
31
2020年9月

【無料・全6回】自分解決に役立つメールセミナー
PAGE TOP
error: Content is protected !!