ラクになれる、穏やかになれる、人の話の聴き方

やっぱり、それでいい。水島広子、細川貂々

人の話を聞くと、疲れてしまう人にオススメ

人の話を聞くと、疲れてしまう という人にオススメの本です。

本の帯にも書いてあるように、
人間関係において、「人の話を上手に聴ける」ことは、ものすごい武器です。
多くの人が「自分の話を聴いてもらいたい。理解してもらいたい。」と思っていますから。

でも、下のようなことを言われることが、よくあります。

・「人の話を 一生懸命聴いていると、疲れてしまう。」

・「カウンセラーの仕事って、疲れませんか?
  いろんな人の悩みとか辛い話とか聞いていると、
  自分も、気が滅入ってしまいそう。
  ネガティブな気を もらっちゃいそう。」

 

疲れずに、しかも相手に喜ばれる、人の話の聴き方

実は、人の話の聞き方には、大事なコツがあります。

そして、そのポイントを押さえて 話を聴くことができると、

・相手の話に巻き込まれない。
・必要以上に疲れない。
・おだやかで、ラクな気持ちで話が聴ける。
・相手も、おだやかになってくる。
・その場が、安全で温かい場になる。
・相手との関係がよくなる。

・・・などの、大きな効果があります!

この本は、そんな「話の聴き方」について、
マンガ家の細川貂々さんと、精神科医の水島広子さんが、
わかりやすいマンガで 教えてくれている本です。

▼「やっぱり、それでいい。
 ~~人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法~
やっぱり、それでいい。水島広子、細川貂々

マンガがメインですので、スラスラ~っと読むことができますよ。
ご興味ある方は、ぜひ読んでみてください。

そうそう、「マインドフルネス」とか「傾聴」とかに
興味がある方にも、通じる内容になっています。
合わせて、おすすめです♪

関連する記事

  1. CRAFT アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法

    問題行動がある家族との、効果的な関わり方が学べる本

  2. その不安、ニセモノではありませんか? 水島広子

    不安、心配にとらわれがちな人にオススメな本

  3. 発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療

    SE療法も紹介。トラウマや虐待など、複雑なケースの治療最前線…

  4. AC,トラウマ、アダルトチルドレン

    自己否定の人に薦めたい本。「自己肯定感って、なんやろう?」

  5. ほめ日記自分新発見

    ほめ日記。自己肯定感を養うための、手軽で強力なツール。

  6. 情報との接し方

    素直でまじめな人ほど必見! 情報との接し方・その3

PAGE TOP
error: Content is protected !!