イライラ、怒りを何とかしたい人に、おすすめの本

イライラ、怒りを何とかしたい人に、おすすめの本2冊です。

まずはこちら。

だいじょうぶ 自分でできる怒りの消火法ワークブック
(イラスト版 子どもの認知行動療法 2) (イラスト版子どもの認知行動療法)

だいじょうぶ 自分でできる怒りの消火法ワークブック (イラスト版 子どもの認知行動療法 2) (イラスト版子どもの認知行動療法)

「認知行動療法」をベースにしながらも、きちんと、「怒りはエネルギーである」ことに言及し、その安全な排出やコントロール法に触れている、私としてはイチオシのワークブックです。

私がこのワークブックを手にしたのは、うちの息子が最近キレやすく、私や娘に暴言を吐くことがある(思春期に入ったので、多少はしょうがないのかも知れませんが…)ということから、折りを見て息子本人に読ませたい(6歳~12歳を対象にしたワークブックなのです)と思ったからなのですが、なかなかどうして、大人(自分)にもクライアントさんたちにも、自信をもってオススメできる内容でした!

自分の激しい感情や怒りのコントロールに苦しんでいる方、悩んでいる方には、とてもオススメの本ですよ♪

 
もう1冊。

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫)

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫)

 

こちらの本は後から知ったのですが、こちらも読みやすく、分かりやすい。
著者の精神科医、水島広子さんは、
「理論がしっかりしている上に、読みやすくて分かりやすいから、お客様にも安心してオススメできる!」
という本を、たくさん出されている方です。

私は、水島さんに実際お会いしたことはないのですが、少なくとも「書籍の印象」としては、信頼できる方、信頼できる書籍だと感じています。アマゾンの評判でも、すこぶるいいようです。

関連する記事

  1. ほめ日記自分新発見

    ほめ日記。自己肯定感を養うための、手軽で強力なツール。

  2. 読んだ本、おすすめ本

    アサーティブ、アサーションにおすすめの本

  3. もえつきの処方箋

    ワンオペ育児&仕事状態から抜け出せる、イチオシ書籍。

  4. ゲシュタルトセラピー

    「キレる私をやめたい」でゲシュタルト・セラピーに興味をもった…

  5. 発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療

    SE療法も紹介。トラウマや虐待など、複雑なケースの治療最前線…

  6. やっぱり、それでいい。水島広子、細川貂々

    ラクになれる、穏やかになれる、人の話の聴き方

PAGE TOP
error: Content is protected !!