i Balance(アイバランス)では、次のようなお客様に 対応しています。

自分の思考グセ、感情、人間関係などで悩み、生きづらさを感じている方。
そして カウンセリングを受けることで、「自分を責める」パターンから、「カウンセラーと一緒に、自分ができることに取り組もう」という姿勢へ、転換ができる方。

主に、20代~50代の子育て世代、働く世代の方が多くいらしています。
教員経験はありますが、お子さんのカウンセリングは対応していません。自分の課題に取り組もうとし、自分のことを自分で語れるのであれば、高校生~大学生くらいの年齢の方にも、対応してまいりました。

i Balanceには、次のような方が、よくお越しになっています。

子どものためにも、まずは自分を何とかしなくてはと悩んでいる、まじめで一生懸命なお母さん

「いい人」として、仕事を頑張りすぎ、周囲を気にしすぎ、疲れていらっしゃる方 心身に不調が出ており、心療内科や精神科受診を検討中、あるいは通院中の方

そして、上記の方たちの ほとんど全てに当てはまるのが、以下の特徴です。

自分の「性格」や「過去」に、生きづらさの原因がある と感じている。

過去、トラウマ

生きづらさの原因・・・例えば、以下のような声をよく伺います。

  • 子どもの頃の親子関係、家庭環境に恵まれなかった。
  • いじめや虐待など、トラウマになるようなことを経験した。
  • 人間関係やパートナーとの関係で、いつも同じパターンを繰り返している。
  • NOと言えず、常に周りの顔色をうかがい、神経を使っている。
  • 対人関係全般が苦手で、自分に自信をもてない。
  • ネットや本の情報を読んで、「トラウマ」「アダルトチルドレン」「愛着障害」「HSP」などが、自分に当てはまると感じている。

もし、あなたも 同様な生きづらさ、原因を抱えているのなら・・・
i Balanceはきっと、お役に立てると思います。

カウンセラーと一緒に、取り組んでいきましょう。

ただし、カウンセラーは魔法使いではありません。このページにあるような専門知識や心理療法で、誠心誠意サポートいたしますが、あくまで「サポート」です。つらい思いをしているクライアントさんが、わずかでも、あるいは少しでも早く、楽になれたらと願ってはいますが・・・。「カウンセリングに行けば、カウンセラーが治してくれる。解決してくれる。」という 依存や 受け身の姿勢だけだと、正直難しいと思います。

カウンセリングや心理セラピーは、カウンセラーとクライアントさんとの「共同作業」になります。
カウンセラーのサポートを得ながら、自分が出来ることに取り組む。自分の課題や問題に、しっかり向き合う。そんな主体的な姿勢が不可欠です。

でも、大丈夫。
上のようなことで悩んでいる方たちは、もともと、とても責任感が強く、まじめで、頑張り屋 の方たちなのです。

適切な方法とサポーター、機会が得られれば、「自分を責める」だけのパターンから、「自分が出来ることに取り組む」パターンへと転換できるはずです。そして、少しずつでも「自分らしく生きやすい方向」へ、「自分も周りも幸せになれる方向」へ、変わっていけるはずです。私は、そのように変わっていかれた、たくさんのお客様たちを見てきました。

ご利用になったお客様の声はこちら

i Balanceのアプローチについて、詳しくはこちら


i Balanceで、カウンセラーと一緒に、ご自身のテーマに取り組んでみませんか?

アイバランスのカウンセリング

 

PAGE TOP