「カウンセリング」「心理療法(心理セラピー)」、どこがどう違うの?

・心理カウンセラー と 精神科医 が行う「治療のようなもの」。 一体、何が違うの?

 

最近、このようなご質問・ご指摘をいただきました。

もちろん 人によっては、「カウンセリングだろうが 心理療法だろうが、カウンセラーだろうが 医者だろうが、自分の辛さを解消してくれるなら、別に何だって構わない」 という人もいるかも知れませんね。

ですがこの疑問、実は、意外と重要だと思いました。
そこで この機会に、 i Balance(アイバランス)が提供している心理サポートについて、改めて、ご紹介したいと思います。少し長くなりますが、ご興味ある方はお読みくださいませ。

3つの心理サポート

心理面の問題・悩み・症状を抱えている人に対して、その軽減や改善をめざして行うサポートを、ここでは「心理サポート」「メンタルサポート」と呼びます。

専門家が行う心理サポートは、大きく分けて、以下3つに分類できると思います。

カウンセリング、心理療法、医療行為

【1】カウンセリング

【2】心理療法(精神療法、サイコセラピー、心理セラピーも同義)

【3】医療行為

 

「カウンセリング」と「心理療法」、「心理療法」と「医療行為」が、一部重なっているのがポイントです。

 

医療行為 と i Balanceが提供する 心理サポート

そして、i Balanceが 提供している心理サポートは、以下の 色が塗られている範囲の内容です。
(※ここではあえて、カウンセリングの部分を「一般的なカウンセリング」と表現します。)

カウンセリングと心理療法、医療行為の違い

まず、私は医師ではないので、「医療行為」は行いません。

医療行為には、「病気の診断」「お薬の処方」などがありますが、もちろん、カウンセラーはこれを行えません。

またメンタルの悩みに対しては、カウンセラーも医師も、「カウンセリング」や「心理療法」を行うことがあります。
ですが、同じような心理療法(例えば認知行動療法など)を行った場合でも、医師が行った場合は「医療行為」となりますが、カウンセラーが行った場合は、そうとは言わないのです。

そして精神科医は、あらゆる心理サポートを提供できるはずなのですが、特に日本の医療現場においては、どのようなケースの患者さんにも、「薬物療法」という医療行為が 第一選択肢になりがちなのが現実です。 正確な統計は取っていませんが、私がこれまで伺ったクライアントさんのご報告によると(少なくとも茨城県近隣においては)、薬を出す「薬物療法」がメインで、丁寧なカウンセリングや、薬に頼らない心理療法は、してもらえなかった。してもらえない。…というご報告が、8~9割という印象です。

もちろん、全ての精神科、全ての精神科医が、そうだという訳ではありません。
著書などで私が好きな水島広子さんは、精神科医ですが、「対人関係療法」という心理療法をメインに治療されています。
また、私の知人である精神科医にも、「SE療法」などを積極的に学び、臨床に活かしている方が複数いらっしゃいます。

そんな精神科医の先生もいらっしゃるのですが、残念ながら、そのような心理サポートを受けられる機会はあまりなく、薬物療法がほとんどであるのが、実情のようです。

ちなみに私は、お薬をつかった治療を、一概に否定している訳ではありませんその人の症状や病気によっては、必須だったり効果的だったりすることも知っています。ですが、この人には そうではない。薬よりもカウンセリングだろう。心理療法だろう。・・・と思われるケースの方にも、薬物療法「だけ」が施されているケースが、意外と少なくない。そのように感じています。

・・・このような現状を踏まえて、改めて、i Balanceが提供している メンタルサポートを、医療行為との比較で説明すると、以下の通りです。

医療行為ではないから保険も効かない)が、

◆医療機関でも提供することがある、「心理カウンセリング」や「心理療法」を行う。

◆何より、現実の医療機関では受けることが難しい、時間を掛けた、丁寧なカウンセリング や 心理療法 を提供している。

 

カウンセリング と 心理療法 の違い

では、医療行為ではない、「カウンセリング」「心理療法(心理セラピー)」。
これらの違い
は、何なのでしょうか。

この2つ、実は違いを説明することが、結構むずかしいのです。両方とも重なる所があったり、あるいは、カウンセラーやセラピストと名乗っている者でさえ、その区別が曖昧なままに、それら心理サポートを提供していることがよくあります。・・・と言うか、実は恥ずかしながら、私自身がそうでした。お客様にご指摘を受ける機会があって、改めて、今回いろいろ調べ、再確認をした次第です。

ところで この違い、サポートを受ける側のお客様こそ、知っておいた方がいいかも知れません。

例えばよく聞かれるのが、カウンセリングを受けた人から たまに出るという、次のような意見です。

・「じっくり話を聴いてもらえたけど、ただ話を聴くだけで、何もアドバイスしてもらえなかった」。

「とにかく話を聴いてもらいたかったのに、身体の感覚とか、よく分からないことを訊かれた。カウンセリングって、とにかくじっくり 話を聴いてもらえる所なんじゃないの?」

このような疑問やご意見にも、カウンセリングとは何か、心理療法とは何か、という「両者の違い」が分かると、見えてくるものがあります

改めて、この2つの違いを 私なりにまとめると、以下のようになります。

カウンセリングと心理療法のちがい

◆一般的なカウンセリングとは

ここで、「一般的な」という言い方をしている所も、大切なポイントです。

日本においては、カウンセリングと言えば、カール・ロジャースが提唱した非指示的カウンセリングや来談者中心療法の影響が強く、「カウンセリングでは、アドバイスしてはいけない! とにかく受け身に徹しなくてはいけない!」と、かたくなに信じている専門家も、実は少なくないのが現実です。実際、私が学んだ日本産業カウンセラー協会や、放送大学におけるカウンセリング理論でも、そのような風潮は強くありました。確かに、カウンセリングにおいて(実はセラピーにおいても)、共感や受容という姿勢はとても重要なのですが、アドバイス等が全くダメかというと、実は、そうではありません。それは、あまりに短絡的な取り方です。また同じカウンセリングでも、流派や理論によって、意外と違いがあったりします。

そのような前置きをお伝えした上で、ここでは、「日本において、これがカウンセリングだと一般的に認知されている、基本的・一般的なカウンセリング」のことを、「一般的なカウンセリング」として、説明しますね。

一般的なカウンセリングは、

・「聴く」ことで、相談者の自己探求・自己解決をサポートする。

・「対話」が中心である。

・カウンセラーは、共感・受容という「受け身」の姿勢である。

カウンセリングは、相談者の中に元々ある、答えや 自己解決できる力を、引き出します。
話している人は、自然に思いつくまま話しているようでも、カウンセラーの絶妙な聴き方、寄り添ってくれる態度、共感、ポイントになる所の伝え返し、あるいは質問や要約でもって、様々な気づきを促されます。また「話す」ことで、気持ちや考えが整理されたり、消化されたり、癒される効果もあります。

本当に上手な聴き方、カウンセリングがなされれば、多少時間は掛かっても、本当にそれだけで、だいぶ多くの心の悩みが、実際に 解決したり軽減されたりします
私も、カウンセラーの活動をして10年以上になりますが、「聴く」「寄り添う」ことの効果の大きさ・奥の深さは、強く実感しているところです。

ですが、下手なカウンセラーや聴き方だと、「ただ話を聞いてもらった」という感覚だけで終わってしまうことも、実際あるでしょう。

また、相談者の抱えている問題の、内容、状態、深刻度によっては、「聴く」というカウンセリング・アプローチだけでは、間に合わない。対応できないものがある。これも、間違いなく事実です。

◆心理療法(心理セラピー)とは

カウンセリングは、基本的に 支援者は受け身の姿勢で、相談者自身の気づきや自己解決力を引き出す、心理サポートです。

これに対して、「心理療法」(心理セラピー、サイコセラピー)は、その人の心の問題や症状を、「治す」、あるいは「改善させる」ために、支援者が能動的に働きかける部分がある、心理サポートです。

改めて、上の図にも記した「心理療法とは」を下に挙げますね。

心理療法(心理セラピー)とは

・「治療」「改善」を明確にめざす。

・対話だけでなく、行動、アート、音楽、タッチなど、療法によって、様々にアプローチする。

・セラピストは、共感・受容を大切にしながらも、相談者に「能動的」に働きかける。

世の中には、いろいろな療法、いろいろなセラピーがあります。

アロマセラピーやアニマルセラピー、音楽療法や絵画療法、例え、〇〇療法・〇〇セラピーという名前を取っていなくても、たくさんの 治療や改善を目指した「療法(セラピー)」があります。

例えば、皆さんは「整体」や「鍼灸」が、うつの治療や改善を掲げていることがあるのを、ご存知でしょうか?

私は、心理カウンセラーの活動を始めたばかりの頃、そのような所が「うつの改善」をうたっていることに、非常に懐疑的でいました。中には、うつを改善させるのに、精神科やカウンセリングなんて役立たない。ボディ・セラピーの方が、よっぽど役に立つと豪語するセラピストまでいて、不愉快に感じることすらありました。 何だそれは。心の問題に、なぜ整体や鍼灸が関係するのか、と。

でも今では、それもあるだろうな、と素直に思います。

心の問題に、身体の問題が強く関わることを、実際に、学んだり体験したりしたからです。

私が学び、実践している療法は、「SE®(エスイー)」「ソマティック・エクスペリエンシング(Somatic Experiencing®)」という身体志向心理療法ですが、こちらの理論においても、心の問題に、身体・・・特に「自律神経系」の影響が強く出ていることを、多く学びました。

また「学んだ」だけでなく、実際に、私自身のセルフケアや、お客様に提供しているセッションにおいても、身体面を意識して、そこにアプローチしたり、調整したりすることの「効果」を、強く実感しています。

心理学やカウンセリング理論だけでは、対応が難しかったり、限界を感じたりしていたお客様。事例。そのようなケースに、SE®理論や、身体や神経系を意識したアプローチは、確かに、効果を出してくれているのです。(もちろん、全てのケースに万能という訳ではありません。)

SE®療法に限らず、私は、ココロ・アタマ・カラダのバランス、あるいは、生活リズム・睡眠・休息・食事など、身体の健康の大切さについては、結構お話しています。私が言うまでもなく、きっと皆さんも実感されていると思いますが、身体の健康が、心の健康に大きく影響することは、確かに 間違いないのです。

そして、人やモノに相性があるように、その人の心身の状態、あるいは 個性や悩みの種類などによって、合う療法と合わない療法、合うセラピーと合わないセラピーがあるのも、やはり事実だと思います。また、その方の問題解決のためには、1つの視点や方法では足りず、複数の視点、複数面からのアプローチが必要なことも、意外とあるのです。

そういう意味で、世の中に、たくさんの療法、たくさんのセラピーがあることは、当然なことなのかも知れません。

i Balanceが提供している心理療法(心理セラピー)

改めて、当方「メンタルサポート i Balance」が、お客様に提供している心理サポートをお伝えします。

大きく分けた形だと、先ほどからお伝えしているように、「カウンセリング」「心理セラピー」です。

カウンセリングと心理療法、医療行為の違い

なお、ここで 心理療法でなく心理セラピーという表現をしているのは、「医療行為ではない、心理療法」ということを表現したくて、「療法」という言い方よりは「セラピー」という言い方をした方が、なんとなくマイルドになるかなという、それだけの理由(笑)です。

さらに、具体的に、どんな「心理セラピー」を扱っているかというと、以下の通りになります。

 

・SE®療法(Somatic Experiencing®療法)

・ゲシュタルト・セラピー

・マインドフルネス認知行動療法

・DARE®療法(Dynamic Attachment Re-patterning Experience®療法)
 
(愛着形成を意識した修正経験プログラム

SE®やゲシュタルトセラピーが、どんなものかは、別記事のこちらなどをご覧ください。

最後の「DARE®療法」は、現在プラクティショナー取得をめざして、勉強真っ最中の SE®関連セラピーです。近年「愛着」の問題が、心身の様々な問題や発達、人間関係スタイルなどに影響していることが分かり、注目されるようになってきました。アダルトチルドレン、愛着障害などのテーマを持っている方に、欠かせない視点、アプローチです。ぜひ、しっかり身につけ、クライアントさんたちに還元していきたいと思っています。

では、大変長文になりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

i Balanceのカウンセリングや心理セラピーに ご興味いただけた方は、ぜひ一度、ご体験になりませんか?

◆セッションのお申し込みはこちら

i Balanceのセッションお申し込みはこちら