i Balanceでは、基本的には「対面」でのカウンセリングをお薦めし、また実施しています。
対面の方が、電話やメールでのカウンセリングよりも、圧倒的に情報量が多く、また効果も高いからです。

ただし、遠方の方より、電話やスカイプを使ったカウンセリングのご希望も、いただいて参りました。

このようなご要望に対して、i Balanceでは、以下のスタンスで対応しています。

  • 初回だけは、必ず「対面」で実施させてもらう。
  • 初回の感じを見て、電話やスカイプでのカウンセリングが可能あるいは有効と思われた場合は、次回よりお受けする。
  • 電話やスカイプのカウンセリングは、対面カウンセリングと比べて、できることに限界があることをご了承いただく。
  • 時間や料金については、対面の場合と同一とさせていただく
  • 電話で実施する場合は、通話料金はお客様のご負担でお願いする。(スカイプは通話料無料。)

電話やスカイプでのカウンセリング

 

ちなみに、パソコンをお持ちで、スカイプを利用できる環境であれば、電話よりもスカイプの利用をお薦めしています。

スカイプだと「通話料無料」(ネット通信料は除く)で、金銭的なご負担が少なくなりますし、また「ビデオ通話」をすることができるので、テレビ電話のような形で実施できるからです。(なお、お客様が”音声のみの通話”をご希望の場合は、そのように対応いたします。)

なお、スカイプ(skype)というツールは、マイクロソフトより無料でダウンロードすることができます。

スカイプの設定方法について

スカイプは便利そうだけど、使ったことがない・・・設定ができるか不安・・・という方のために。 以下、簡単に設定方法をお知らせします。(以下の内容は、2016年8月現在、私のPC環境によるものです)

【1】まずは、パソコンなどにスカイプをインストールして、自分のアカウントを作る。

   「Skype for Windows」のダウンロードはこちら

 

【2】初期設定で確認したいところ(プライバシー設定)

 自分が承認した人としかスカイプ出来ないように、プライバシー設定を確認しましょう。

 ①メニューバーの左上の「skype」という所をクリック。
 ②プライバシーという所を選択。
skype01

③④⑤が、「連絡先リストのユーザーのみ」になっていることを確認します。
(もし、なっていなかったら、そのように設定した方がよいと思います)
skype022


【3】連絡先に「スカイプしたい人」を追加する。

▼「ホーム」をクリックして、ホーム画面にします。

skype03

 

▼検索窓に、「スカイプしたい人」の名前やアカウントなどを入力(①)して、「skypeを検索」をクリック(②)します。
(例では、「吉井佐和子」)

skype044

▼検索結果が下に出る(①)ので、その中から、「スカイプしたい人」に該当する人を選択、クリックします。すると右側に、そのクリックした人の名前が表示(②)されます。(※例では「佐和子吉井」。ちなみにこれはダミーアカウントで、実際にカウンセリングで使用しているアカウントは、「吉井佐和子 i Balance」になります。実際はそちらを選択してください。)

skype05

 

▼次に、「連絡先リストに追加」をクリック(③)します。 下に、リクエスト送信のウィンドウが出る(④)ので、任意のメッセージを入力して、送信ボタン(⑤)を押してください。

skype099

先方がリクエストを受信し、連絡先リストに追加することを「承認」してくれれば、その「スカイプしたい人」が、こちらの連絡先リストに追加されます。(facebookやラインの「友達申請」→「承認」と同じ要領です。)

 

【4】マイク音量などを調整する。

▼連絡先リストには、最初から「Echo/Sound Test Service」というアカウントが表示されています。
 これをダブルクリック(①)すると、右側の欄にも表示(②)されます。 ②が表示されたら、右端の通話ボタンをクリック(③)します。
 

skype07

 

▼下のようなウィンドウが表示され、マイク音量のテストができます。

skype08

 

【5】実際に「スカイプしたい人」と通話する。

【4】と同じ要領で、連絡先リストにあるお目当ての人を選択し、通話ボタンを押してください。
音声のみのやり取りをしたい時は、電話の受話器マークを。ビデオ通話をしたい時は、ビデオマークをクリックします。


 

以上、ざっとですが、おおまかな設定方法でした。

私も詳しくはない(^^;)ので、詳細な質問などはご勘弁ください。
あとは「習うより慣れよ」で、実際にやってみると、意外と簡単ですよ。

遠方の方で、電話やスカイプでのカウンセリングをご検討の方は、以上、参考にしていただければ幸いです。