パニック障害、不安障害の人におすすめの本

クライアントさんに、おすすめの本を訊かれることがよくあります。
そして、最近知った、パニック障害対人不安など、「不安障害」を抱える人にオススメしたい本は、これ。

正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)

正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)

著者の水島広子さんは、対人関係療法の第1人者である、精神科医。

水島さんは、「イライラを根っこから断ち切る本」とか、一般の人が取っつきやすい、興味を持ちやすいような本も、多数出版されています。ですが 内容が安易かというとそうではなく、様々な心理学の知識や 臨床経験に基づいた、とても正統な内容なんです。それを、一般の人にも 分かりやすく読みやすくまとめてあって、私も「説明うまいな!分かりやすいな!」と感心するばかりです。クライアントさんにも、下手な自己啓発の本より、安心してオススメできると思っています。

back

特にこの本は、不安障害とかパニック障害とか言われた人、もしくはその疑いのある人には、ぜひ一度読んでいただきたいです。

不安発作のようなものが、どうして起きるのか。
そのメカニズムを、このような分かりやすい本で知ってもらうことは、かなり有意義だと思います。
予防のためにも、回復のためにも。

私もセッションの中でお伝えしている、「自律神経による”戦うか逃げるか”反応」についても、この本では、きちんと言及されています。そして、私がセッション中に説明しているより、よっぽど上手に説明されています。(笑)

 

…そんな訳で、カウンセリングを受けている最中、あるいは病院などで薬物療法をされている方でも、もしまだ、「不安障害がおきるメカニズム」をきちんと理解されていない方には、ぜひ一読してもらいたい。そんな書籍だったので、ご紹介させていただきます♪

ちなみに、水島さんの書籍は、別の本も興味があって、図書館で借りたりしてパラパラ読んでみたんですけど、全体的に分かりやすく、オススメですよ。アマゾンでの評判も、すこぶるいい感じでした。

 

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫) すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本 (ナガオカ文庫)
水島 広子「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ 「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本 身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本 対人関係療法のプロが教える 誰と会っても疲れない「気づかい」のコツ
by G-Tools

関連記事

  1. うつ・メンタルヘルス

    運動部のパワハラ指導、体罰、根性論

  2. おすすめ書籍

    膨大な情報、どうやってまとめ、伝えたらいいの?

  3. おすすめ書籍

    「聴く」のスゴさ、方法が分かるオススメ本

  4. うつ・メンタルヘルス

    うつの人は、本当に 元に戻るのか。

  5. おすすめ書籍

    アルコール依存症やその家族のための本

  6. おすすめ書籍

    不安、心配にとらわれがちな人にオススメな本

最近のコラム記事 おすすめ記事
  1. おすすめ書籍
  2. おすすめ書籍
  3. おすすめ書籍
  4. うつ・メンタルヘルス
  5. おすすめ書籍
  1. カウンセリング、心理療法について
  2. ソマティック・エクスペリエンシング

予約カレンダー

2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
×
26
27
×
28
×
29
30
×
31
×
2019年4月

【無料・全6回】自分解決に役立つメールセミナー
PAGE TOP